トップページに戻る

■メール環境を考える

DTI SIMを使ってデータ通信はOK。携帯電話としての通話機能は050plusのIP電話をセッティングしました。
結果的には使えませんが…

とりあえず次に進みます。
あまり利用頻度は高くないのですが、このスマホでメールが出来るようにします。


目次

メールはGmailしかないでしょう

今使っているのはiPhoneではなくアンドロイド携帯です。
と言えば、やっぱりGoogleでしょう。GmailはPCからも利用できるので便利です。
スマホにも初めからインストールされています。Googleアカウント取得は無料ですから、是非Gmailを利用しましょう。

ちなみにこのGmailはプッシュ通知に対応しています。
メールを受信した時に音やバイブで知らせてくれる機能です。これは便利!

さらにもう1つ。
Googleアカウントと同期することにより、電話帳がGoogleのサーバに保存されます。


今回、バッテリーの持ちが悪くギブアップしてしまったREGZA PHONE T-01Dですが、実は電話帳は完成していました。
新たに購入したELUGA V P-06Dに電話帳を移すのは面倒な作業なのですが、
P-06DからGoogleアカウントに同期するだけでP-06Dの電話帳にデータが移動します。
これは便利、というか楽ですね。
電話帳のデータを編集するのもPCからできるので便利です。

ドコモで契約した場合には、半強制的にgoogleアカウントを作成するようですが、今回のように白ロムにデータSIMを入れて運用する場合にはGoogleアカウントは設定されてません。アカウント取得は簡単だし無料なので是非とも取得し、便利はGmailを使いましょう。

チャットしてるみたいなメールをしたいなら
EメールではなくてSMS(ショートメール)を利用している方も多いと思います。
異なるキャリア間でのSMSが可能となり、ちょっとした連絡は全てSMSを使うように鳴りました。

ところが今回のスマホには電話番号がありません。もちろん携帯キャリアのSMSは使えません。
Eメールがあれば事足りるのですが、チャットしてるみたいに履歴が残るSMSって使い易いと感じている人も多いでしょう。

こんな感じのヤツです。

実はコレ、無料で登録でき、高音質の無料電話が売りのcommなんです。
commに登録するとメールアドレスが1つ付与されます。
実名登録必須のcommですが、付与されるメールアドレスは
山田太郎さんの場合、yamada.taro.1234@co-mm.comになります。
この付与されるメールアドレスはcommのどこにも書いてありません(たぶん)
自分に付与されたメールアドレスをどうやって知るのかは簡単です。
電話帳に登録されたメールアドレスにcommからトークでメールを送信すればいいのです。

管理人の場合には、とりあえずyahooのアドレスを電話帳に記入し、そこにメールを送信しました。
そしてyahooで受信したメールを見れば、そこにcommから付与されたメールアドレスが書いてあるのです。

commのメールアドレスに着信があった場合、もちろんプッシュ通知はあります。
設定次第では同時にロック画面に内容が表示されるので便利です。

LINEの場合には登録者同士しかトークできませんが、commの場合には、この付与されたアドレスを利用することによってcomm以外の人とのメールのやり取りが可能になります。無料なので一度使ってみると良いでしょう。


DTIの月490円のデータSIMをスマホに挿して電話機能とメール機能が完成したわけです。
とりあえず24時間連絡の取れる携帯電話ができあがりました。

が、050plusの音声品質の悪さは想定外でした。
別の手は考えてあり、すでに動いているのですが、月490円スマホという事では一応の完成に至ることができました。


目次