トップページに戻る

■ソフトバンク携帯 iPhone と 911SH と 831P の画像比較

2009年3月。iPhoneがついに0円携帯として販売され、さっそく機種変更をしました。高スペック携帯電話と思っていたのですが、いざ使ってみると??だらけ。200万画素のカメラ機能は何も無し。ズームが無い、ホワイトバランスや明るさ調整も無い、バーコードやQRコードの認識機能も無しでがっかりしています。
せっかく手に入れたので、画素数が同じソフトバンク携帯シャープ911SHとパナソニック831Pの画像比較を行ってみました。
一番右の写真は比較用にリコーデジカメ RDC-5000で撮影したものです。

iPhoneとシャープ911SHとパナソニック831P

 
iPhoneと911SHと831P iPhoneは電池はすぐ無くなるし、メールが来てもわからないし、着信音はダサいし、着歌は1曲も入ってないし、なにより使い勝手が悪すぎます。自慢のタッチバッドもたまに誤動作するし、メールを打つにも男の指ではとなりの文字を打ってしまう、と良いところがないように思います。
でも一度iPhoneを手にしてしまうと、他の機種に戻れない魅力があります。それが何なのかはわからないのですが、いじっているうちにiPhoneが好きになりました。
もっとも0円とはいえ、ソフトバンクの2年縛りのスーパーボーナスで購入しているので今更機種変できないのが現実です(笑)
 
本体と液晶画面の大きさがかなり違います。iPhoneの特筆できるところは液晶がきれいなところと無線LANに接続できるところです。まだ使って日が浅いですが、それ以外は??? 機種変更失敗だったかもしれません。

画像比較

iPhone画像

シャープ911SH

パナソニック831P

リコーデジカメ RDC-5000

iPhone写真1 911SH写真1 813P写真1 RDC-5000写真1
911SHが発色良く写っているように見えます。
しかし、直線部分を比較したり、画像を拡大してみると、RDC5000>831P>iPhone>911SHとなります。
iPhone写真2 911SH写真2 831P写真2 RDC-5000写真2
キーボード部分の接写です。831Pは良く写っています。
拡大画像を比較すると、RDC5000>831P>911SH>iPhoneとなります。
iPhone写真3 911SH写真3 831P写真3 RDC-5000写真3
発色比較のためにあめ玉を撮影しました。911SHは明るめに写っています。
文字部分を拡大してみると、RDC5000>831P>iPhone>911SHとなります。
iPhone写真4 911SH写真4 831P写真4 RDC5000写真4
窓から外を撮影しました。デジカメの発色が目視で見たものに一番近く、911SHとiPhoneは色が変わっています。
写真を拡大した比較では、RDC5000>831P>iPhone>911SHとなりました。

撮影写真の総合評価

並べて比較してみると、全て同じ200万画素ですが、リコーのRDC-5000が目視に一番近い画像となりました。このRDC-5000は作りがしっかりしていて比較的名機の部類に入りますので、これとの比較はかわいそうですね。
3つの携帯を比較してみると、パナソニックの831Pが全ての項目でトップとなりました。新しいだけあって、いろいろと改良されたり、新しい技術が組み込まれているのかもしれません。
頑張って欲しかったiPhoneは接写がまったくダメでピントが合いません。iPhoneは期待外れでした。
iPhone写真 iPhone写真
上の2枚はiPhoneで撮影した写真です。他の携帯電話のデジカメと比較してしまうと劣る面がありますが、WEB上やブログで使う分には十分ではないでしょうか。