トップページへ戻る

■Celeron440で自作しました。Celeron440/ASUS P5B Deluxe/DDR2 1GB(私自身の覚え書きページです)

PentiumDがCore2DUOと進化し、そのパフォーマンスの高さと発熱量の少なさは素晴らしいの一言です。 セレロンもまたそのCore2DUOと同じコアConroe(コンロー)が採用され登場しました。 TDPは驚きの35W。これはPentiumV世代のCPUと同等の低発熱です。
発売されたセレロンは3種類。420、430、440。L2キャッシュは全て512MBで、違いは動作周波数のみとなっています。 価格は420が4,000円〜、430が5,000円〜、440が6,000円〜といった感じで、Core2Duoに比べかなり安い(と言うか、 今までのCPUと比べても激安)価格で手に入れることができます。
現在はCeleron Dual-Core E1200というCPUが発売されてますが、TDP65Wなので、それならCore2Duoを使う方が賢いわけで、、、

完成したCeleron440パソコン

集めた部材

CPU

INTEL celeron440 6,100円  

メモリ

PC5300 512MB×4 2,000円 ヤフオク

マザーボード

ASUS P5B Deluxe 13,000円 ヤフオク IOデータメモリ 1GB付き

ケース

Freeway ATXミドルタワー 1,000円 ヤフオク

グラフィックボード

GIGABYTE GV-NX66256DP 3,000円 ヤフオク 256MB FANレス仕様

ハードディスク

HITACHI HDS722580VLSA80 / Deskstar 7K250 2,700円 ヤフオク SATA/80GB/7200rpm/8MB

電源

EVER GREEN Silent King3 450 LW-6450H-3 1,200円 ヤフオク

商品代金 29,000円+送料 4,500円くらい= 33,500円 そこそこの出費です。

その他

DVD

DVD-R --- 流用

FDD

NEC製 250円 PCショップ

キーボード

ちっちゃいヤツ 500円 ハードオフ

マウス

Logitech Cordless TrackManR Wheel 1,000円 ワイヤレストラックボールマウス

部品の説明

CPU

INTEL Celeron440

celeron440
動作周波数 2.0GHz
L2キャッシュ 512MB
TDP 35W
リテール品を購入。1.6Gのceleron420なら4,000円で購入できます。セレロン激安です。

メモリ

DDR2 1GB

I/O DATA DDR2-677(PC5300)
マザーボードのおまけメモリ1GB(512MB×2)を使うので、別途同じI/O DATA製のメモリ(512M×2で2,000円)を ヤフオクで購入しました。メモリも安くなりました。
トータルで2GB(512MB×4)を準備しました。

マザーボード

ASUS P5B Deluxe

ASUS P5B Deluxe
celeron440を使おうと決めていたので、必然的にLGA775スロット搭載のマザーになります。 ヤフオクで物色していたのですが、銅製ヒートパイプがカッコいいのと、 E8400まで乗せることができる最新リビジョンにBIOSアップ済みだったのでP5B Deluxeに決めました。 いろいろな機能が付いた高性能マザーです。安いマザーボードなら5,000円程度で買えたんですけどね(笑)  長く使うつもりなので、ちょっとフンパツしました。

ケース

Freeway ATXミドルケース

Freeway ATXミドルケース
写真左が今までメインPCとして使っていたパソコンです。FreewayのATXミドルタワーです。造りがしっかりしていて、お気に入りです。 今回も同じFreewayのケースにしました。フロントパネルのデザインが若干違いますが、中身は同じです。
このケースは造りが良く、ネジ穴がぴったりと合います。サイドパネルもべこべこしません。 マザーボードが後ろにごっそり引き出せるので配線も非常に楽です。ヘタなアルミケースよりもお勧めです。

グラフィックボード

GIGABYTE GV-NX66256DP 256MB FANレス仕様

GIGABYTE GV-NX66256DP 256MB FANレス仕様
チップセット:Geforce6600
コアクロック:450MHz
メモリークロック:500MHz
メモリーバス:128bit
メモリータイプ:DDR
RAMDAC:400MHz
D-SUB DVI 両出力あり
DirectX 9.0C

最終的に静音PCにするつもりなので当然ファンレスです。スペックはファンレスでは上位機種です。

ハードディスク

SATA HDD

HITACHI HDS722580VLSA80 (SATA/80GB/7200rpm/8MB)
Serial ATA150 平均シークタイム 8.5ms
ハードディスクに関しては知識が無いのでいいのか悪いのか? 今回はIDE接続でも良かったのですが、 いずれSATAが標準になるだろうということで、試しに使ってみました。

電源

EVER GREEN Silent King3 450 LW-6450H-3

EVER GREEN Silent King3 450 LW-6450H-3
450Wの静音電源です。24ピンコネクタのP4対応&シリアルATA対応。ピカピカの筐体に12cmファンを搭載しています。 静音性は◎です。ケース内の空気を12cmファンで吸い込み、背面のメッシュから吐き出します。 今回のケースはしっかりしているので、ファンの音はかすかにしか聞こえません。
難点は配線が長いこと、、、

マウス

Logitech Cordless TrackManR Wheel

Logitech Cordless TrackManR Wheel
ワイヤレスのトラックボールマウスです。ドライバは こちらのLogicoolサポートページ にあります。ハードオフで2,500円で売られていたので衝動買いです。

組み立て順序の写真も撮影したので、気が向いたらUPします。はじめてのLGA775スロットでしたが、無難に完了しました。
ベンチマークはこんな感じです。

ベンチマーク結果

スーパーπの104万桁計算は26秒! 動作周波数2.0Gで6,000円のCPUとは思えない実力です。
HDBENCHスコアは60,000です。 会社で使っているペンティアム4 3.06Mでも35,000台なのに(汗。。。
まぁグラフィックボードの性能差はあるにしても、計算処理速度やメモリアクセスはすごい数値になっています。
P5Bはwindows上からクロックアップが可能です。ちょっとやってみましたが、これがまたすごい!!
それから付属のユーティリティソフトでファン回転をサイレントに設定しています。 それでもCPU温度は40℃以下。ファンはゆるゆる回っているのでとっても静かです。
実際の使い勝手は、CADで重いデータを開いてみましたが、やはりペンティアム4-3.06Gよりも速いです。 ホームページビルダーも体感速度が2倍です。
静音で高性能PCの出来上がり! サーバへのファイルアップも速いこと! サクサク動くので私のメインPCとなりました。