トップページへ戻る

■MySQL4.0.20d インストール

スキルアップ目的でPHPを勉強しようと思い立ち、PHP環境をパソコン内に構成しています。 データベースサーバのMySQLをパソコンにインストールしました。最終的にはVALUE DOMAINで優良サーバをレンタルして、 本格的なSQLサーバの利用をしたいと考えています。
会社のデータベースをごっそりwebサーバに移行すれば、インターネットが利用できる場所ならどこでも利用できて便利です。
個人サイトを作成するにしても、対話的なサイトを作ることができるので、是非習得したいと思います。
MySQLのダウンロードは検索サイトで「MySQLダウンロード」で多くのサイトがヒットします。

この本で勉強しました。私は定価2,800円で新品購入しましたが、アマゾンで安く売ってます。
CDでMySQL4.0.20dとPHP-5.0.1およびapache_2.0.50が付属します。全て無償ソフトなのでダウンロード すれば済むことですが、やはり手元にあると心強いです。
どれも最新版ではありませんが、逆に旧バージョンだからこそネット上の情報も多く、習得するターゲットには最適です。


インストール作業開始!

管理人自身の覚書です。

   
MySQL インストーラー起動

MySQL インストーラー起動

MySQLインストールのスタート画面です。「NEXT」をクリックします。

MySQL インストーラー起動

MySQL インストーラー起動2

英語で何か書いてあります(汗) 「NEXT」をクリックします。

MySQL インストール先の指定

MySQL インストール先の指定

インストールする場所を指定します。デフォルトの「C:\mysql」のままで「NEXT」をクリックします。

MySQL Setup Type ダイアログ

MySQL Setup Type ダイアログ

「Typical」にチェックを入れて「NEXT」をクリックします。

インストール開始

MySQL インストール開始

インストール中です。5分とかからず終了します。

MySQL インストール終了

MySQL インストール終了

インストールが完了しました。「Finish」をクリックします。

MySQL サービスの設定

MySQLサーバをバックグラウンドで動かすために「mysqld-nt.exe」というプログラムをWindowsのサービスに追加します。

MySQL サービスの設定

MySQL サービスの設定

「スタート」→「プログラム」→「アクセサリ」→「コマンドプロンプト」のDOSプロンプト画面で行います。
コマンドプロンプトが起動したら、「cd \」とタイプしエンターキーを押します。Cドライブのルート C:\ に移動するので、

「cd mysql」でエンター
「cd bin」でエンター
「mysqld-nt.exe --install」でエンター
これでService successfully installed.と表示されればOKです。

MySQL 環境設定 PATHの追加

MySQLのインストールおよび起動までを確認しましたが、MySQLサービスにアクセスするには「クライアント」が必要です。 MySQLではクライアントコマンドに「mysql」が用意されていますが、上手順で行ったように、いちいち C:\mysql\bin に移動しなければなりません。環境変数の「PATH」に「C:\mysql\bin」を登録して、 どこのディレクトリからでも「C:\mysql\bin」以下のコマンドを実行できるようにします。

コントロールパネルのシステムを開く

コントロールパネルのシステムを開く

インストールす選択します。J

詳細タブをクリック

詳細タブを開く

詳細タブをクリックします。
次に「環境変数」をクリックします。

システム環境変数

システム環境変数のPATHを探す

「システム環境変数」内のPATHを探します。

PATHを選択

システム環境変数のPATHを編集

下にスクロールするとPATHをPATHがあります。クリックして選択します。
次に編集ボタンをクリックします。

システム変数の編集

変数値の編集

システム変数の編集で変数値の一番おしりに「;C:\mysql\bin」を追加します。 「;」の記入を忘れずに。

MySQLの実行

MySQLの簡易動作確認

PATHが有効になったかの確認です。
DOSのプロンプトで「mysql」と打ち込みエンターキーを押すます。
左図のように表示されればOKです。 終了はコマンドラインから「exit」でエンターキーを押します。

MySQL 動作テストとセキュリティ設定

MySQLの簡単な動作確認まで行いました。ここではmy.iniの設定が反映されているかの確認と セキュリティの設定を行います。

MySQL 動作確認

my.iniの反映の確認

my.iniの設定がちゃんと反映されているかを確認します。
DOSプロンプトから「mysql」 +エンターでMySQLを稼動させます。
次に「status」と入力しエンターキーを押します。左図の黄色いラインのところがsjisと表示されていればOKです。

パスワード設定

mysql パスワードの設定

基本的なセキュリティ設定としてユーザー名、パスワード、ホスト名の指定を行います。
ユーザー名 root
パスワード 1111
ホスト名 hocalhost
パスワードは大文字、小文字を別文字として認識されるので注意して下さい。
左図のようにDOSコマンドプロンプトからホスト名とパスワードを設定を行います。
ちなみに設定したパスワードの変更は、
mysqladmin -u root -p ????? NewMyPassWorD と入力します。

ホストの設定

mysql パスワードの設定

ホストの設定を行います。「root」ユーザーで「localhost」からアクセスした場合のみMySQLサーバにアクセスできるように設定します。
mysql -u root -p +パスワードでmysqlに「root」ユーザーでログインします。
DELETE FROM mysql.user WHERE Password = '';
DELETE FROM mysql.db;
FLUSH PRIVILEGES;
で、デフォルトで設定されている無名ユーザーでのアクセス権限を削除します。

セキュリティの確認

mysql セキュリティの確認

mysqlのみや、パスワード無しでアクセスしたときに、左図のようにエラーが出れば設定OKです。

ここまでの作業で、特に難しいところは無いと思います。