トップページへ戻る

■PHP 5.0.1 win32 インストール

データベースサーバのMySQLをパソコンにインストールWEBサーバのApacheをインストールに続き。PHP本体のインストールを行います。 PHP 5.2.6からダウンロードします。

この本で勉強しました。私は定価2,800円で新品購入しましたが、アマゾンで安く売ってます。
CDでMySQL4.0.20dとPHP-5.0.1およびapache_2.0.50が付属します。全て無償ソフトなのでダウンロード すれば済むことですが、やはり手元にあると心強いです。
どれも最新版ではありませんが、逆に旧バージョンだからこそネット上の情報も多く、習得するターゲットには最適です。


PHP 5.0.1-win32 インストール作業開始!

管理人自身の覚書です。

PHP 5.0.1 インストール

画像なし

zipファイルの解凍とコピー

Windows binariesのzipパッケージをダウンロードします。インストール作業は、ダウンロードしたzipファイルを解凍します。 php-5.0.1-win32というフォルダが作成されます。これをCドライブにコピーし、名前を「PHP」に変更するだけです。

php.ini の設定

画像なし

前準備

CドライブのPHPフォルダ内のphp.ini-distファイルをコピーし、名前をphp.iniに変更します。
windows付属のメモ帳で編集します。

extension_dirの設定

extension_dirの設定

450行目を変更します。
変更前; extension_dir = "./"
変更後; extension_dir = "c:\PHP\ext"

Dynamic Extensionsの設定

Dynamic Extensionsの設定

Dynamic Extensionsの変更を行います。562,571,578行目のコメント(;)をはずします。
変更前
 ;extension=php_gd2.dll
 ;extension=php_mbstring.dll
 ;extension=php_mysql.dll

変更後
 extension=php_gd2.dll
 extension=php_mbstring.dll
 extension=php_mysql.dll
左図では間違えてphp_mssql.dllを有効にしています。PHPの動作確認で正常に動作しなかったので気が付きました。

libmysql.dllの設置

画像なし

libmysql.dllの設置

「C:\PHP\libmysql.dll」をwindowsのシステムルート「C:\windows」にコピーします。これでPHPからMySQLにアクセスできます。

httpd.confの編集

画像なし

httpd.confの編集

PHPをApacheで利用するための設定を「httpd.conf」に追記してApacheを再起動します。
追記する3行
LoadModule php5_module c:/php/php5apache2.dll
AddType application/x-httpd-php .php
AddType application/x-httpd-php-source .phps
httpd.confはApache2のconfフォルダにあります。
Apacheを再起動してPHPの設定は終了です。

PHPの動作確認

PHP動作確認

PHPの動作テスト

PHPが正常に動作しているかどうかのテストです。 <?php
phpinfo();
?>

上のPHPスクリプトをテキストエディタで作成し「php.info」と名前を付けて「C:\Apache2\htdocs」へ保存します。
WEBブラウザから「http://localhost/info.php」にアクセスし、左図のような情報ページが表示されればOKです。また、6行目に「
C:\WINDOWS\pnp.ini 」と表示されていることを確認して下さい。私はここに「C:\WINDOWS」としか表示されていなかったので、 設定を見直したところ、上記のphp_mysql.dllとphp_mssql.dllを間違えてチェックを外していました。

PHPのインストールは以上で終了です。私のようにテキスト編集で間違えないように注意して下さい。
変更後のphp.iniのテキストはこちらです。全文をコピー&ペーストでphp.iniと名前を付けてご使用下さい。