トップページへ戻る

■QRコードが付いた出荷伝票を社内で作成しなければばならくなった

客先の要望で、出荷票(現品票)にQRコードを入れなければならなくなりました。 教えてもらったやり方は、

  1. QRコードを無料で作成してくれるWEBサイトにアクセス
  2. 商品コードやロットナンバーを並べた数字を打ち込む
  3. 表示されたQRコードをダウンロードしてパソコンに保存
  4. エクセルで作成した現品票を開く
  5. 保存したQRコードを指定の位置へ貼り付け
  6. プリントアウト

と、とても複雑です。パソコンに慣れた人なら問題ないのかもしれませんが、 そうなると現品票をプリントアウトする社員が限定されてしまいます。
そしてもうひとつの問題が、打ち込む半角英数字が48文字。 誰がやっても間違えるがおこることが予想されます。


そこでエクセルのマクロ機能をつかうことを思いついた

そこで考えたのが、使い慣れたエクセルで、品番や数量、ロットナンバーなどを指定のセルに打つ込み、 各セル内の文字列を結合して、それをQRコードに変換して、 エクセル内に作られた現品票に自動でQRコードを入れる。 そしてプリントアウトすれば、誰でもというわけにはいきませんが、 パソコンを触ったことがある人ならば、なんとかなりそうです。
さっそく作成したのがコレです。

*画像中のQRコードは読めません。
QRCODE.dllという便利なものがフリーで公開されてます。 コレをWINDOWS内のSYSTEM32に入れるだけ。マクロで使います。
マクロはちょっと難しいですが、それはマクロを作成する人だけであって、 作られたエクセルシートを使う人は意識することはありません。 上の図のように私が作成したエクセルシートも数量とロット番号だけを記入すれば、 客先から指定されているヘッダー、フッター、その他の記号等はあらかじめセルにセットしてあるので、 自分で記入する必要がありません。
これで今回のミッションは簡単に終わるかと思ったのですが、やはり問題がありました。
実はこのQRCODE.dll40文字までしか対応できないようなのです。
今回QRコードにしなければならない文字列は48文字です。完成したエクセル帳票は無駄になりました。


PHPを使う

QRコードを使うためのライブラリは、このQRCODE.dllの他にもたくさんあります。 かなりな時間をかけて探し、実際にエクセルに組み込んでみたのですが、 多くのライブラリが40文字までの制限があり、無い場合ではQRコードに作者の名前やURLが入ってしまうのです。 会社で使う現品票なので、これでは使えません。
そして48文字以上の入力が可能で、著作権等の情報が入らないものがPHPでしか見つからなかったのです。 幸い、個人的にこのようにWEBサイトを公開しているので、 そのページをひとつ増やして、WEB上でQRコードの入った現品票を作成し、 そのままプリントアウトしてしまおうと考えました。
使用したのは、Y.Swetake氏作ライブラリ「QRcode Perl/CGI & PHP scripts ver. 0.50g」です。 (http://www.swetake.com/)
ライブラリの使い方はこちらのサイト(http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20061110/253264/)に詳しく書かれています。
ただ、社内のだれでも使えるようにするには、やはり工夫が必要で、 全ての商品で同じ文字列のところやヘッダー、フッター等は入力しなくてもすむようにしなければなりません。 QRコードという目で確認できないものに変わってしまうので、 タイプミスなどのヒューマンエラーを未然に防ぐためにも簡単である必要があります。


完成!

完成した当サイトのページです。無料で使って下さい。
汎用現品票
リクエスト現品票(認証あり)

書かれているPHPコードはあまりキレイとは言えませんが、 とりあえず動作して、作成されたQRコードを携帯カメラで確認したら、 ちゃんと意図した文字が入ってました。


今回QRコードに初めて触れてみて、QRコードそのものを作成するソフトがあることを知りました。 しかしそれは、単にQRコードを画像として作成するだけであって、 今回のように実際に使われる伝票やラベルに貼り付ける機能が無かったり、 伝票自体を作成する機能がなかったりと、とても業務として使えるものではありませんでした。
今回作成したWEBページのようなもので宜しければ、 合間をみて作成しますので、ご相談下さい。
「できるかな?」は営利目的のサイトではありませんので、 貴社サイトからのリンクで報酬の代替としたいと考えておりますm(_ _)m