トップページへ戻る

■Red Hat Linux 7.1 設定覚え書き

どうにかインストール作業は完了しましたが、いざ使ってみるとわからないことだらけです。 タダが魅力で勉強する気になったLinuxのためにお金を出して書籍を購入する気はありません。 全てネットで検索して解決するつもりです。私自身の覚え書きなので説明が不十分なところもありますが我慢して下さいね。

@スクロールマウスのクルクルボタンが使えない

rootでログインして /etc/X11/XF86Config-4 の一部を書き換えます。


デスクトップにある「ホームディレクトリ」を開きます。
はじめはrootが青いカーソルで選択されているはずです。その上のほうに「etc」というディレクトリがあります。 etcの右□十字をクリックするとX11という文字が現れます。現れたX11をクリックします。
右側のファイル画面の下の方にありました、ありました。
 XF86Confi 16353 -rw-r--r--
 XF86Confi 3712 -rw-r--r--

2つありますが、一応右クリックのプロパティでファイル名を確認して下さい。私の場合は下のファイルでした。
ファイル名をマウスでクリックして青くします。右クリックの編集でファイルが開きます。


ファイルの真ん中よりちょっと下に
Section "InputDevice"
     Identifier   "Mouse()"
     Driver     "mouse"
     Driver     "Protocol" "
PS/2"
     Driver     "Device" "/dev/psaux"
     以下省略・・・・・

のPS/2をIMPS/2に変更します。

変更したら忘れずに保存ボタンを押します。再起動するとスクロールマウスが使えるようになります。

A日本語が入力できない

Googleで検索するときに日本語で入力できません。アルファベットなら大丈夫なんですが...日本語の設定が必要なんでしょうか?


Shift+スペースキーでひらがなが出てきました。
わかってしまえば簡単なことなんですが、Linuxを使うということは、こんなことからスタートしなければならないんですね。 Windowsが親切なOSだということに気付きました(笑)