トップページへ戻る

■アナログテレビで地上デジタル放送を見る方法

2011年7月24日でテレビのアナログ放送は終了します。
アナログ放送はVHF、そしてあらたにスタートする地上デジタル放送はUHFです。
つまり、電波の周波数帯域が違います。
地デジ放送を受信するためには大まかに次の方法があります。
@テレビアンテナを地上デジタル対応のアンテナに交換する。
Aケーブルテレビに加入する。
B光ファイバー等の回線で地デジ契約をする。


管理人宅はアパートで、大家さんがアンテナの交換を行ってくれました。
つまり@の方法で地デジ放送を受信することになります。
壁にあるアンテナコネクタから先は自腹になります。
地デジ対応のテレビを購入するか、アナログテレビをそのまま使うかの選択肢があります。
アナログテレビをそのまま利用する場合には、「地デジチューナー」が必要になります。


地デジチューナーの購入

管理人宅はかなり大型のアナログテレビです。実家が大型の液晶テレビを購入した時のおさがりなのですが、
まだまだ発色も良く、ブラウン管にヘタリは感じません。あと5年は楽に使えそうです。
まだまだ使えるテレビを廃棄して新しいテレビを買うのももったいない気がします。
そこで、地デジチューナーを購入し、アナログテレビをそのまま利用することにしました。


購入した地デジチューナーはコレです。
地デジチューナー
パソコン関連では有名なBUFFALOのDTV-S110という5000円以下の地デジチューナーです。

地デジチューナーにも、いろいろな種類があり、値段も5000円〜15000円と幅があります。
中にはHDDレコーダー機能の付いた製品もあります。
しかし、よく考えれば、今のアナログテレビが壊れてしまえば、次に購入するのは地デジ対応テレビですから、地デジチューナーは不要になります。
高価な地デジチューナーを買う必要はありません。

今回購入したBUFFALOのDTV-S110は値段も手ごろですし、手のひらサイズとコンパクト。
さらには付属のリモコンが、テレビのリモコンとしても利用できてしまうので便利です。

大手量販店よりもアマゾンの方が安く手に入ります。


地デジチューナーとアナログテレビ、ビデオの配線

一般的な地デジチューナーとテレビ、ビデオの接続
購入した地デジチューナーをアナログテレビに接続すれば、地デジ放送をアナログテレビで見ることができます。
アナログビデオの出力端子(黄、白、赤)をアナログテレビの入力端子(黄、白、赤)に接続すれば、ビデオを見ることができます。
但し、録画することはできず、再生専用のビデオとなってしまいます。
ビデオの再生も可能で、さらには今までのように録画もできる状態でビデオを接続できないか?と考え、アンテナ線の分配器を用いて配線を行いました。


配線方法

地デジチューナーの配線
@アンテナ線を分配器を用いて2系統にします。
1本は地デジチューナーへ。そしてもう1本はビデオのアンテナ端子に接続します。
A地デジチューナーからテレビ
地デジチューナーの出力端子(黄、白、赤)をテレビの入力端子(黄、白、赤)に接続します。
接続用のビデオケーブルは地デジチューナーに付属します。
Bビデオからテレビ
ビデオの出力端子(黄、白、赤)をテレビの入力端子(黄、白、赤)に接続します。
今までテレビとビデオが接続してあった場合にはそのままでも大丈夫ですが、テレビ側の入力端子1から入力端子2へ差し替えました。
ビデオ映像をテレビのビデオ2で見るためです。

これで配線は終了です。
この配線は、テレビの入力端子が2つ以上、または入力端子1つとAUX端子がある場合のみ可能です。


映像の確認

テレビの入力端子1に地デジチューナーの出力、そして入力端子2にビデオ出力を接続しています。
アナログテレビで映像を見る場合、ビデオ1で地デジ放送、そしてビデオ2でアナログビデオの再生ができました。
アンテナ線をそれぞれに接続しているので、テレビとビデオは完全に独立して機能します。


ビデオ録画の確認

ビデオで録画する場合には注意が必要です。 今まで設定されているチャンネルから変更されるチャンネル。 管理人の地域では12chのテレビ東京が7chへ。10chのテレビ朝日が5chへ変更になりました。
ビデオのチャンネル設定を変更する必要があります。 ビデオの5chにはテレビ朝日が、ビデオの7chにはテレビ東京が映るように設定しました。