ウワサは本当? 安いけど結局使えない中華タブレット
コレ、ほぼ事実です。でも私の場合、中華タブレットを仕事でフル活用しています。
iPad airクローンの ONDA V919(windows10)。仕事で使える激安タブレットです。

激安中華タブレット

高性能windowsタブレットを選ぶ

仕事で使うのが前提なら、iPad や android タブレットを買ってはいけません。

PCスキルに乏しい我々が買うべきは、絶対的にwindowsタブレットです。

そして仕事で毎日持ち歩くのですから、高価格なタブレットは選択肢から外します。

汚してもキズになっても気にならない激安中華タブレット

エクセル、ワードが使える激安中華タブレット

ONDA V919 を選ばない理由が見つかりません。

キーボードは必要?

仕事でエクセル、ワードを使うために買う中華タブレット。キーボードは必須アイテムです。

ONDA V919 と一体となって持ち運べるのは iPad air/air2 用のBluetoothキーボード。

信頼性、機能で選ぶならマグレックス Note Type Bluetoothキーボード for iPad Air がおススメです。

  • キーボード部分の厚さ 9mm、重さ 330g のスリム設計
  • 連続使用 90時間の大容量バッテリー(オートスリーブ機能あり)
  • 便利なショートカットキー多数
  • 閉じれば液晶画面のカバーになる→まるでノートPC
  • 閉じれば液晶画面のカバーになる

UVコーティング仕上げの高級感あるBluetoothキーボードです。

ONDA V919 を仕事で使ってみた評価レビュー

詳しい情報、使い勝手は
仕事で使える中華タブレット、ONDA v919 air の評価レビュー
をご覧下さい。長々と説明しています…
ONDA V919 V919 ネット接続

V919 の仕事での主な用途は、

  • 議事録や会議メモの作成
  • google ドライブに保存してあるエクセルファイルへの入力
  • 写真やPDFを見せながらのプレゼン
  • 書けない漢字の検索
  • メール確認
  • Evernoteの編集
  • 簡単なCAD
  • 社内ネットワークに接続して共有ファイルの閲覧

イラストレーターと新規CADデータ作成、新規エクセルファイルの作成以外は、ほぼV919でやってます。

激安中華タブレット vs ASUS T100TA

ONDA V919 の購入を検討している時に、最後まで迷ったのが ASUS T100TA。

性能はほぼ互角。T100TAの価格はV919の約2倍。

ASUS T100TAはキーボードが初めから付いてるから安心。

解像度は、V919が2048×1536でiPad airと同じ。T100TAは1366×768

質感は、iPad airクローンのV919が圧倒的な勝利。T100TAはプラスティックでしょぼい。

結局Retina解像度が決めてとなり、V919を購入しました。画面キレイで発色も素晴らしいです。

windows10で動作する安い薄型タブレットを探してる人は是非購入を検討してみて下さい。
激安中華タブレット ONDA V919 の再安値を探してみる [楽天]