トップページへ戻る

■ロジクール Qcam Ultra Vision QVU-13 と Qcam Fusion QVX-13 の画像比較

14,800円のQVU-13と8,980のQVX-13。共にTrue130万画素CMOSセンサーの高級WEBカメラです。 QVU-13は開放F値1.6が売りのQVX-13の後続機種です。

Qcam Ultra Vision QVU-13

Qcam Fusion QVX-13

QVU-13 QVX-13
大きなガラスレンズが特徴です。ずっしりとした重みがあります。 QVU-13と比べると軽くてキャシャです。しかし3,000円前後のWEBカメラに比べると、大きく作りもしっかりしています。

画像比較

画像は共にソフトウェア補正4Mピクセルモードでの撮影です。設定はデフォルトのまま、USB2.0接続です。
QVU-13 室内写真 QVX-13 室内写真

若干暗めなのですが、QVXに比べ発色がしっかりしています。 ノートPCのフォルダアイコンがしっかりと薄茶色に再現されています。拡大するとその差は歴然です。 近くから遠くまでピントが合っています。

ぱっと見は明るくキレイに見えるのですが、ノートPCのアイコンやキーパッドに注目すると不自然に白っぽくなっています。 どこにピントが合うというのではなく、全体にピンボケしてます。

QVU-13 至近距離写真 QVX-13 至近距離写真

全体に暗めなのが気になります。文字はピンボケしています。モニタの手前あたりからピントが合ってます。

明るく発色も良い撮影ができました。拡大するとピントがしっかりと合っているのが確認できます。 しかしモニタあたりからピントが怪しくなっています。

QVU-13 室内写真 QVX-13 室内写真
部屋の様子がデジカメ並みにキレイに再現されました。 全体に白っぽくなりました。
QVU-13 黒物写真 QVX-13 黒物写真

手元のキーバードを撮影したのですが、どうしてもピントが合いません。 キーボードの右上に置いてあるFDDの説明文(黄色いところ)にピントがあっています。

キーボードはキレイに写りました。実物よりも白っぽいのですが、ここまで撮れればWEBカメラとしては十分でしょう。

うす曇で蛍光灯の影響を受けない状況での撮影

QVU-13 うす曇での撮影写真 QVX-13 うす曇での撮影写真

文句無しの写り方です。ここまで撮影できれば十分。眼で見ている感じに近い明るさです。

撮影直前に暗いところにカメラを向けていないとすぐに暗くなってしまいます。 うす曇なのですが、かなり暗い写真になってしまいました。ピントもイマイチです。

QVU-13 窓際での撮影 QVX-13 窓際での撮影

窓際での太陽光下での撮影です。自然な発色です。

右からの太陽光の影響を受けてしまっています。明るさは十分だけど全体に白っぽい写真になりました。

色の再現性

QVU-13
若干暗めだけど実物に近い色
QVX-13
全体に白っぽく写ります。被写体が遠くなるほど著しくなるようです。

ピント

QVU-13
レンズから30cm以内はピンボケして使えません。30cm〜∞はしっかりとした画像を捉えています。
QVX-13
レンズから30cm以内はキレイに写ります。30cm〜は全体にぼけてくるようです。

総合評価

どちらの写りが良いかということであればQVU-13が勝っています。 WEBカメラなのですから99%の人がチャットや防犯用の監視カメラとして使うはずです。 その場合はやはりQVU-13を選ぶべきでしょう。これは開放F値1.6の恩恵をかなり受けることになります。 CMOSに入る光量が多いのでより発色の良い鮮明な画像を写すことができます。値段の差に納得できます。
ただ私のように顕微鏡まではいかないにしろ、 至近距離の検体を見る用途として使う場合 はQVX-13が適しています。ピントがかなり手前で合うことと、 レンズの前にさらにレンズを置こうとしたとき に、QVU-13の凹んだ筐体ではレンズ通しの間隔があいてしまい、どうやってもピントが合いません。
私自身カメラの知識はほとんど無いので私の意見は参考程度にお考え下さい。
それから以前、最新式の携帯電話の500万画素カメラで撮影した画像と200万画素のデジカメ専用機で撮影した画像を比較したことがありました。 結果は200万画素デジカメの勝ちで、500万画素携帯電話カメラは発色も悪い(白っぽい)し拡大したときのピントもまるっきりダメでした。 ファイルの大きさはしっかりと500万画素を主張しているのですが、それは画素数が多いだけでボケたビットが並んでいるだけの期待はずれのものでした。 これはある程度の画素数(200万画素以上)の場合は「画質=レンズの良し悪し」ということが言えるのだと考えます。 ちなみに500万画素の携帯電話の画質はQVX-13以下だと思います。 こちらのWEBカメラの画像比較で紹介しているQVC-70HSよりちょっといいかなというレベルでした。